• TOP
  • クリーンボランティア530活動

①クリーンボランティア530活動

住居支援についてワンファミリー仙台の根幹となる活動であり、路上生活者、生活困窮者の方々と毎週水曜日午前7時30分から仙台駅周辺から繁華街まできれいにする活動です。
路上生活者からの『朝食を得ることで一日の生命線が保たれる』という多くの声に応えるために、「ワンファミリー仙台クリーンボランティア530(ゴミゼロ)」活動をはじめました。
毎週、毎週みんなとゴミを拾い続けて、活動回数が500回を迎えることができました。彼らを怠け者だと思っている人が多いと思いますが、間じかに接してみると本当に頭が下がる思いです。食事にありつける、タバコ銭が欲しい、など色んな思いで集まってくるのですが、始めるきっかけなどどうでもよく彼らがこの街をきれいにしているのは、事実です。

530(ゴミゼロ)活動が河北新報に掲載されました

800回目の530活動が河北新報に掲載されました
2017年9月13日、おかげさまで530活動が800回を迎えました。
翌日の河北新報にその様子が掲載されました。
河北新報PDF記事はこちら→

530(ゴミゼロ)活動 700回記念のお知らせ

 

「平成14年から始めた路上生活者の方とのゴミ拾い(530活動)が、
平成27年10月14日(水)で700回目を迎えます。

【平成19年8月から平成27年9月末までのデータ】
延べ参加人数は 22,679名
拾ったゴミの総数 6,346個(単位:1ゴミ袋=45L)

路上生活を卒業した後も、多くの方が継続して参加してくださっています。
中には出席率9割の方も!本当に頭が下がる思いです。

 

ここまで続けることができたのは、参加者のみなさん、お弁当に使うお米や食材、資金を寄付してくださったみなさん、市民のみなさんのご理解のおかげです。

 

ワンファミリー仙台では、『仙台の街が誰にとっても暮らしやすい街となるように』今後も街の美化・生活困窮者の支援のために530活動を続けていきます。

 

【530活動情報】
資源ごみ集めに貢献!!
 私達は、「アルミ缶・スチール缶」「ビン」「ペットボトル」「一般ごみ」をしっかり分別することにこだわっています。仙台市が回収してくれるこれらのごみは、「資源ごみ」として再利用されます。
資源ごみは市の歳入に!!
 また、回収された資源ごみは市によって売却され、収益として市の歳入を助けています。路上生活者の方たちとのゴミ拾い活動は、価値あるもの(資源・収益)を再生産する一端を担っています。

 

☆ボランティアの参加も常時、受け付けております!
☆困っている人のために何かできないか、お考えの方はいつでも私達にアクセスしてください!
  530(ゴミゼロ)活動について、詳しくはこちら→

これまでの活動記録です。単位は1ゴミ袋=45Lです。

回数 延べ人数 ゴミ ペットボトル プラゴミ ビン 総数
100回までの累計 1,964 236 186 136 128 686
150回までの累計 2,912 347 277 200 186 1,010
200回までの累計 3,603 490 365 256 239 1,350
250回までの累計 4,597 787 469 330 296 41 1,906
300回までの累計 5,974 1,080 550 397 324 91 2,425
350回までの累計 6,011 1,415 612 460 326 141 2,937
400回までの累計 9,780 1,674 668 515 327 192 3,359
450回までの累計 12,177 1,963 733 579 331 237 3,826
500回までの累計 14,264 2,282 822 651 336 292 4,366
550回までの累計 16,307 2,561 939 724 336 341 4,884
600回までの累計 18,519 2,823 1,048 776 336 391 5,357
現在(650回)までの累計 20,522 3,095 1,152 828 336 439 5,833

ページの先頭へ戻る ▲

毎週水曜日クリーンボランティア530(ゴミゼロ)活動

東日本大震災救援活動報告

ワンファミリー仙台活動報告日記