• TOP
  • 住居支援について

住居支援について

住居支援について失業・倒産などの経済的な理由の他、DV被害、身内との関係が断絶してしまったことで住まいを失った方のために、再び安心して住める場所の提供を行っています。住むところがなければ仕事にも就けず、自力で社会復帰することは困難です。
最初のステップとして緊急一時避難所(シェルター)に入居し、ひとつひとつ自立へのステップを上れるようにスタッフが支援し、第二種社会福祉事業施設(無料定額宿泊所)やその他自立支援施設、福祉施設等へ移ります。
また、矯正施設を出所後に行くところがない方の住居支援として、保護観察所からの委託を受け、自立準備ホームの運営も行っています。
出所後、帰住先がないため安定した生活基盤が整わず、再犯を繰り返すケースが社会問題となっており、自立準備ホームは再犯防止のための民間による「更生保護施設」の機能を持っています。

 

緊急一時避難所(シェルター)

自立準備ホーム

 

 

第二種 社会福祉事業施設(無料低額宿泊所)

 

 

ケア付き保証人バンク制度

 

 

毎週水曜日クリーンボランティア530(ゴミゼロ)活動

東日本大震災救援活動報告

ワンファミリー仙台活動報告日記